2018-03-15 22:22:27
テーマ:例会記録

「スパークライン」をご存知でしょうか。

魅了するスピーチには聞き手に共感を促すだけではなく、
聞き手と話し手が一体となって「共鳴」しあえるのが理想です。

そのためには聞き手への感情を揺さぶりながら、話してのメッセージを効果的に伝える必要があります。

スパークラインでは
スピーチやプレゼンテーションを
「過去(現実・課題)」と「未来(理想・解決)」に分けて視覚的に分け、
物語とメッセージ、感情の揺さぶりを見える化するツールです。

今回はストーリテリングの強化書シリーズとし
世界的指揮者ベンジャミン・サンダースのTEDの映像を基にスパークラインについて学びました。

詳しくは下記のリンクを参照ください。
http://www.diamond.co.jp/go/presentation/p048.html

そして、クラブ内外から5本コンテストスピーチのリハーサルが行われました。
スピーチ内容はコンテスト当日のお楽しみに!

さらに、後半のフィードバックの部では
TMCコンテスト向けにスパークラインを用いての分析や
ストーリテリングならではのストーリとメッセージにおけるフィードバックなど
効果的なフィードバックが行われました。

スパークラインについてはTMCコンテストスピーチに対しても効果的です。
今後もストーリテリングではストーリテリングに特化した例会を続けていきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://storytelling-tmc.org/%e7%ac%ac109%e5%9b%9e%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0tmc%e4%be%8b%e4%bc%9a%e5%a0%b1%e5%91%8a/trackback/