2019-06-04 23:29:27
テーマ:例会記録

みなさんは色々な場面で「共感」することがありますよね。
6月1日にストーリーテリングトーストマスターズクラブで行われた例会は、参加した方々の「共感」をストーリーによって分析、シェア、再構築する新しい試みでした。名付けて「感動のツボ」ワークショップ。

くりあさんの入念な準備で、厳選された36のありがとうメッセージから参加者が自分でもっとも感動したメッセージを選びました。
そしてそれを各々が音読でシェアしたのち、グループワークで感動ポイントを分析しました。それほど長い文章ではないのですが、人によってひっかかる言葉が違っていたり、違う見方があったりする一方で、感動ポイントが共通だったりと、自分自身の視点を強化する気づきがたくさんありました。

それら感じたことや気づきをメッセージの横に書いたものを全員でじっくりと読んで、「共感するもの」「スピーチにしたいもの」に全員が投票します。
上位のものをグループに分かれてスピーチに再構築しました。ディスカッションで更にメッセージを深く理解することが出来たと思います。
わずかな時間でのスピーチ作りは、参加されたゲストのみなさんからも「普段目にすることのないスピーチの出来上がっていくさまを目の当たりにできたことがとても良かった」と好評でした。

ストーリテリングトーストマスターズクラブでは、このようにスピーチに役立つ刺激的なワークショップを不定期に開催しています。

そして、この日は次期クラブ役員を選出する選挙が行われました。結果はトーマス推薦委員長の推薦通りに次期クラブ役員編成が決まりました。シャーラ会長のロバーツルールに則った選挙は、参加されたゲストからも自クラブの参考にしたいとコメントいただけた厳粛な運びでした。加えて、テーブルトピック方式の応援演説もメンバーの愛情を感じる心温まるものでした。^^

ストーリテリングトーストマスターズクラブでは、ストーリーテリングに興味のあるゲストのみなさんのお越しをお待ちしています。どうぞお気軽にお越しください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィード

トラックバックURL: http://storytelling-tmc.org/storytelling-tmc137/trackback/