2018-12-07 23:24:00
テーマ:例会記録

 

11/15(木)に、
第124回例会が開催されました。

今回は、特別な例会でした。

なぜなら、シャーラザット会長兼料理長による、
パスタを食べながら行う例会だったからです。

例会は、調理室にて開催。

その名も、
「南イタリアのマンマの味例会」でした。

シャーラザット会長は、
早くから調理室に入り、
3種類のパスタとデーツ団子の調理に取り掛かりました。

 

 

パスタは茹でたてを提供したいということで、
本日のストーリーテラーは、
冒頭の挨拶で、パスタができるまで調整をしながら話しました。

イタリアにちなみ、
第16代ローマ皇帝、マルクス・アウレリウス・アントニヌスの言葉を引用。

彼は、こんなことを言いました。

「この世においては、汝の肉体が力尽きぬのに、
魂が先に力尽きるのは、恥ずべきことではないか」

そして、パスタが完成!

これが、本当においしかったです!

もう、至福の時間でした。

もう一つのデーツは、中東で有名なミラクルフルーツです。

私も、ドライデーツを常備しているぐらい、
好きな果物ですが、
今回は、そのデーツペーストを使ったデーツ団子。

これも、唐辛子がピリリときいたパスタに、
デーツの自然な甘さが、抜群の相性でした。

ワークショップは、
シャーラザット会長による、朗読ワークショップ。

料理長だけでなく、
朗読ワークショップも担当し、
まさに、八面六臂の大活躍です!

朗読の題材は、
『100万回生きた猫』と『銀河鉄道の夜』でした。

『100万回生きた猫』は、
本当に心に沁み入る内容ですね。

スピーチは、「ゴイアニア事件」をテーマとしたものでした。

この事件は、
1987年9月にブラジルのゴイアニア市で発生した原子力事故だそうです。

「ブラジルでなぜ??」と思いましたが、
そこには想像できないようなエピソードがあったのです…。

ストテリでは、年に1,2回ほど、
調理室で料理を作り、食べながら行う例会を開催しています。

次回は、1月に開催する「鍋例会」です。

こちらも、今から本当に楽しみです。

スピーチだけでなく、料理も味わいたいという方は、
ぜひ、ストテリの例会に見学に来てみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィード

トラックバックURL: http://storytelling-tmc.org/storytelling-tmc124/trackback/