2019-02-08 13:24:36
テーマ:例会記録

2019年2月2日、

立春間近の心地よい陽の光が白い部屋に差し込む目白の会場で、

クラブ内スピーチ選考会がおこなわれました。

5月の全国大会での決勝に進むための最初の戦いです。

 

英語のスピーカーが4名、日本語のスピーカーが5名。

「ああ!皆、それぞれの個性がキラキラ光るようなスピーチだ!」

 

選考会を勝ち抜むくためにはもちろん傾向と対策が重要です。

でも、そのために個性が消えてしまっては何にもなりません。

IさんもSさんもKさんも、、、皆、

その人でなければ語れないストーリー、

そして伝えたい想い、

それを存分に聞くことのできた選考会でした。

 

英語1位のSさん、2位のCさん、

日本語1位のSさん、2位のTさん、

どうぞ増々輝くスピーチを3月10日のエリア16コンテストで聞かせてくださいね。

 

そしてコンテストの後には、Oさんの朗読。

郷土の劇作家、寺山修司の美しくも哀しい詩の朗読に胸をうたれました。

「青森の海を見てみたい!」

Oさん、ありがとうございました。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィード

トラックバックURL: http://storytelling-tmc.org/storytelling-tmc-senkoukai/trackback/