2018-10-22 23:05:27
テーマ:例会記録

「寝なさい」
スピーチ原稿に行き詰った、シャーラザット会長。
恩師の言葉によって本当の自分と向き合い続けていくこと、
安藤忠雄の「光の美学」と合わせて静かに力強く開会されました。

「もやもやするけど・・・」
本日のストーリーテラー、トーマスは語った。
海外ドラマの金字塔「ザ・ワイヤー」の魅力を。
濃厚な人間関係と緻密な物語、アメリカの社会の闇をリアルに描く。
リアルだからこそ現実の不条理にもやもやする。
もやもやするけど、そのもやもやの中にこそ圧倒的なドラマが待っている。

ワークショップ「Chicago Report」
シカゴで行われたスピーチ世界大会に訪れたハリーが考察する。
トーストマスター世界大会における3つのポイント

・聞き手の求めるスピーカーであること
・聴衆に踏み込む勇気をもつこと
・緊張と緩和を使い分けること

準備スピーチ「全然OK」
クリアは語る。涙の理由を。
テレビCMを見て涙を流すクリア、その涙には父との絆と思い出が詰まっていた。
父とピアノ、そして、ある少女との出会いがクリアの人生に与えたこととは。
聴いている私たちが優しい気持ちに包まれる物語が語られました。

論評 ラファエル
物語の伝え方について
情景描写の豊かさ
思いに応じた身振り
引用はビジュアルエイド

自由論評 シャーラザット
感謝について
役割の代行
ワークショップの価値について
実際に訪れたこと
スピーチの価値について
人のため、心に響くメッセージ

肌寒くなってきた、10月下旬、
心からポカポカする例会となりました。

ありがとうございました。

記 トーマス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://storytelling-tmc.org/storytelling-tmc-122/trackback/