2017-10-08 17:05:35
テーマ:イベント

「ふー、間違えずに浦和駅に到着。えっと何会館だったっけ?そうそう埼玉会館ね。」

10月8日、Division A Contest。この秋はTall Talesつまりほら話のスピーチコンテストです。
ストテリからは英語部門での出場者Mさん。人生初の英語スピーチそして苦手と言っていた英語インタビューもうまくいってほしい。
そして前日の例会にスピーチ練習に来てくださったAさん(日本語)、Iさん(英語)も出場という事で3人の応援です。

会場に着くとまずは入り口で我らがストテリメンバーでエリア14のディレクターのTさんがお出迎え。季節外れの暑い中、会場案内係感謝です。
豪華なウェイティングルームに入るとやはりストテリメンバーでディビジョンAディレクターのYさんはじめ、皆さん準備にお忙しそうです。運営側も晴れ舞台を支える重要なお役目です。

まずは日本語部門、Aさんは3番目のスピーチ。なかなか良いスピーチ順に出場者でもないのに私もほっと一安心。
宇宙ネタや歴史ネタなど、5つのスピ-チそれぞれにスピーカーの個性が光る素晴らしいスピーチが次々と披露されました。そしてもちろんAさんのスピーチも前日の練習でのアイディアも取り入れての堂々とした発表。1つ1つの場面が進むごとに「おお、うまくいった。次も、、、よしっ!」と見ている側も思わず力が入ります。
そしてAさん見事2位入賞。エリアでは一緒に戦ったAさんが入賞されたのは自分の事のように嬉しかったです。

さて、次はいよいよMさんとIさんの登場する英語部門。Iさんは3番手、そしてMさんはとりの5番手。あれ!Iさんの前のスピーカーとネタも登場するキャラクターもかぶってる(驚)!どうしよう大丈夫かな。心臓ドキドキでコンテスタント席に座っているIさんを目で追うとやはり驚いた表情です。「なんとか落ち着いてスピーチしてほしい!Iさん、がんばって!」まだIさんのスピーチが始まってもいないのにもう手に汗。

でも私の心配は杞憂でした。落ち着いたスピーチぶり、最後の長い間で終わるところもばっちり決まっていました。

いよいよとりのMさん登場です。英語もしっかり覚えてもちろん動きは完璧です。スピード感のある動きでセクシーなスーパーモデルと力士の役の切り替えもばっちり決まってます。たった一つ動きについていけなかったのがなんとピンマイク!最初のぶつかり稽古の場面でマイクが飛び、また次の取り組みの場面でもマイクが飛ぶ!司会者が一生懸命マイクをつけてくれたり、演技しながら自分でとりつけたり。でもスピーチは動じることなく続いていきます。さすが春の日本語スピーチ大会チャンピオンMさん。どんなことにも負けないその姿に面白いスピーチなのに涙が出そうになっちゃいました。

そしてMさんが悩みに悩んでいた英語でのインタビューセッション。名前とクラブの紹介、次の質問は?なんと「好きな力士は誰?」実はあまり相撲を見たことが無いと言っていたけど大丈夫かな、、、。おお、スピーチに出てきた「政宗山!」名回答!そしてMさんが立ち上げてつい先日公認クラブになった政宗クラブの宣伝もできましたね。後でMさんに聞いたところ、他のコンテスタントもMさんが英語が苦手と知っていてインタビュー中に助けてくれていたそうです。こういうところがコミュニケーションとリーダーシップを学ぶトーストマスターズの魅力ですね。

英語の入賞者の発表、なんとかあのピンマイクアクシデントでも時間内におさまっていてほしい。「全員時間制限内でした」司会者の言葉に本当によかったと思いました。

コンテスタントとして1つのスピーチに向かい続けるのも苦しい修行、そして運営側の準備も本当に大変です。それぞれに「もうつらい、やめたい」と思う時もあるでしょうが、やはりコンテストはトーストマスターズ最高の心躍る青春を感じるイベント、そして最高の学びの場です。

応援した3名のコンテストを初め、10名の素晴らしいスピーチ、そしてなんと直前の審査委員長交代でも快く引き受けてコンテストを成功に導いた、エリア51ディレクターのSさんはじめ運営の皆さん。皆さんお一人お一人のコンテストへの情熱をひしひしと感じた素晴らしい一日でした。
皆さん、本当に素晴らしいコンテストを「ありがとう、いや、ごっつあんです!」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://storytelling-tmc.org/division-a-contest%e3%81%ae%e3%81%94%e5%a0%b1%e5%91%8a/trackback/