2014-01-03 22:43:44
テーマ:例会記録

第7回ストーリーテリング例会のご報告

 雨はやがて夜には雪へと変わるだろうか。そんな冷たい雨がふりそそず参宮橋の地。
ところが、集まってきた人たちの表情は明るく熱気に頬を染めていたのです。

18:30から19:15分の定例時刻まではウォーミングアップとしてグループワークが行われました。
前回大好評だった「アイコンタクトレッスン」のパート2をくりあ様のガイドのもと行いました。
話しながらアイコンタクトをとって、聴衆が話を理解しているのかを読み取る練習なのです。

例会開始前のこの時間だけでも訪れたかいがあったとゲストの方からお話しがありました。a

 マーティー会長の開会宣言では、ストーリーテリングを向上させるための2方策の紹介です。
ストーリーテリングを実践すること。そして、長く読み継がれているものに触れること。
会長の挨挨拶どおり例会もふさわしい内容となりました。

 ストーリーテリングTMCでは総合司会(TMOE、TMOD)のことをストーリーテラーと呼んでいます。
今夜のストーリーテラーはぷーさんです。

1549369_10202374981192522_731354295_n

That’sEntertainment例会と銘うっただけの中身の濃い例会の始まります。
まずはご自分のベスト5のストーリーの中から「火の鳥」を選んでご紹介くださいました。
生と死、輪廻転生に触れたテーマ。

 当クラブ独自の内容としてミニWSがあります。毎回、担当者がストーリーを実生活に
役立てる方法についてレクチャーしていただきます。

今月は、
ストーリーテリングの宝庫「旧約聖書」入門」と題してラファエルさんが担当されました。
 「2500年かけて成立したものをたったの15分で説明する。」
 難解な用語、特殊な表現かな・・・と少し構えていましたが、最初の導入部分ですっかりと、
ラファエルさんが語る旧約聖書の世界に引き込まれました。
カトリックとプロテスタントについての説明を10秒程度でしっかりとした説明にただただ
納得して頷いてしまいました。

 続いて準備スピーチです。二人の語り部が登場です。
まずはACマニュアルのストーリーテリング#2個人的な話をしように挑戦されたのはサラさんです。
米国留学をしようとする青年が大使館の女性に送ったラブレターとロマンスの行方は・・・
実話をもとに描き込まれた個人的なお話にぐーんと引き込まれました。

 論評でも、くりあ様からストーリーには謎が必要である。などと的確な論評をなされおりました。
二人目の語り部は、ラファエルさんが再登場です。
 パパの時給はいくらなの?子供にお金を貸して欲しいと言われるお父さん・・・実は1482959_10202374982552556_1222604033_n
「FAMILY」の文字はこう読み解くのだ。という感動的な逸話でメッセージを強めるという手法に
みなさんに感心してしまいました。

 ゲストでも容赦なく論評を当ててしまう・・・プーさんの言葉を借りれば「ストーリーにハプニングをつきもの」
ということですね。ゲストのきっしーさんがACマニュアルスピーチの論評がはじめてなのに、
ストーリーテリング#4心にしみる話の論評に挑戦していただきました。
 感動的な話を聞いた後だと、改善点を指摘することを躊躇してしまうのですが、しっかりと提案されて
いたのがよかったです。

 当クラブでは、スピーチのあとコメントタイムが終わった後、よりスピーチを深く理解するために、
3分間の質疑応答時間が設けられています。
 論評も個人論評だけではなく、自由論評というものが当クラブにあります。
自由なスタイルと内容に焦点を絞って論評できるのですが、今回はマーティーがしっかりとお二人の
論評をなさっていました。

さて、準備スピーチと論評の合間に、テーブルトピックスがありました。

今回は、プーさんの提案により、「ストーリー・マトリックス・テーブルトピックス」という
逆引きTTです。通常は、お題を出されて、指名されて答えます。

1524875_10202374997392927_1463050785_n1546107_10202374994512855_172522188_n


しかし、あらかじめ、出席者が選んでおいた自分のベスト5のストーリーを引いて話していただくというものです。
 くじ引きしていただいたのですが、なんとすべてゲストの方にあたり、なおかつ、最初のゲストの方の
作品が3回連続でひきあたられるという偶然のいたずらがありました。

 作者が亡くなってどうなるのか?!「グイン・サーガ」 いま読んでみるともうティッシュの箱がなくなるほど
号泣してしまう「キャンディキャンディ」不思議な巡り合わせの「75年目のラブレター」それぞれについて
熱い思いを語っていただきました。
 
1531923_10202375000753011_1770499375_n

 総合論評のあとに最後にストーリーテラーのプーさんから、クラブのみなさまに最高のプレゼントを
いただきました。それは、「素晴らしい」という表現を使わないようにしていこうというものです。
安易に多用してしまっている万能の言葉を封印して表現力を磨きたいと思っています。
 
 次回は年明け1月11日(土曜日)、1月23日(木曜日)雑司ヶ谷でお逢いしましょう♪
詳細・今後の予定はこちら
http://storytelling-tmc.org/meeting/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://storytelling-tmc.org/7th/trackback/