2019-05-18 14:31:43
テーマ:例会記録

ああ、オレだ…。
ついに、この世界線に到達した。

 

「シュタインズ・ゲート例会」を開催するという世界線だ。

 

これまで、長い道のりだった…。

 
 
 

きっかけは、一通のFacebook記事だった。

 

ストテリメンバー001。

 

ストテリ創設者にして、
狂気のマッドストーリーテラー、鳳凰院マーティーの
「シュタインズ・ゲート」を絶賛する記事。

 

この一通のFacebook記事が、
バタフライエフェクトを起こし、
多くのストテリメンバーたちに影響を及ぼしたのだ。

 

そして、どこからともなく、
「ストテリでシュタインズ・ゲート例会を開催しよう!」
という声があがり、
この世界線に到達することができた。

 

今、オレがここに立っているのは、みんなのおかげだ。

 

ストテリメンバーには、感謝の気持ちを伝えたい。

 

エル・プサイ・コングルゥ…。

 
 
 

というわけで(笑)、
5/16(木)に、ストーリーテリングTMCでは、
「シュタインズ・ゲート例会」を開催しました。

 

シュタゲは、やはり根強い人気がありますね。

 

なんと、ゲストも5名の方がいらっしゃいました。

 

中には、シュタゲの舞台である、
「秋葉原」から来た方も!

 
 
 

本日のストーリーテラーは、
まさに、この例会開催のきっかけを作った、マーティ。

 

ストテリ創設者にして、
狂気のマッドストーリーテラーです。(笑)

 

冒頭、シュタゲ序文の朗読から始まりました。

 

「宇宙には、始まりはあるが終わりはない。無限…。
 星にもまた、始まりがあるが、自らの力を持って滅び行く。有限…」

 

その後、ちょっとした厨二病寸劇があり(笑)、
本日のストーリーテラー、
「ラボメンたちの存在を感じる秋葉原」。

 

その場で、アンケートを取ったところ、
秋葉原には全員が行ったことがあるものの、
「未来ガジェット研究所」には、
マーティ以外、誰も行ったことがないとのこと。

 

実は、シュタゲでは、
秋葉原の街並みが、非常に正確に再現されていて、
シュタゲで登場する場所も「98%」が実在する場所なのです。

 

つまり、秋葉原の街を歩くと、
ラボメンたちの生活の息づかいを感じることができます。

 

そこで、マーティの
「シュタゲ聖地巡礼ツアー」が始まりました。

 

ラジ館、IBN5100の受け渡しに使われたコインロッカー、
牛丼専門店サンボ、芳林公園、
メイクイーンニャンニャンのモデルとなったメイド喫茶、
未来ガジェット研究所、神田ふれあい橋。

 

残りの2%は、柳林神社で、
柳森神社と秋葉神社(上野)を足して2で割ったものが、
モデルになっているとのこと。

 

今度、ストテリメンバーで、
聖地巡礼に行きたいという声があがりました。

 
 
 

次に、引き続き、マーティのワークショップ。

 

タイトルが長いです。(笑)

 

「なぜ、未来ガジェット研究所のラボメンたちは、
 世界の支配構造を変革できたのか?
 WD理論から分析する、ラボメンの魅力、
 そして、その強固なチームワークとは?」

 

まず、参加者たちの間で、
シュタゲの魅力について議論してもらい、
グループごとに、発表をしてもらいました。

 

いろいろな意見が出ましたね。

 

みな、熱く語ってくれました。

 

その上で、マーティーは言います。

 

シュタインズ・ゲートの魅力は、
類まれなる「シナリオ構成」である。

 

無論だ!(笑)

 

あえて言おう!

 

シュタインズ・ゲートの魅力は、
ラボメンたちの「最強チームワーク」にある!と。

 

そして、参加者たち一人ひとりに、
診断テストを受けてもらった上で、
ある理論についての説明が始まりました。

 

その理論には、
4つのタイプと8つのプロファイルがあるとのこと。

 

それぞれのタイプやプロファイルの特徴に、
みな、うんうん頷いて納得をしていました。

 

そして、ラボメンは全員で8人。

 

この8人のラボメンが、
それぞれ8つのプロファイルに対応するというのです!

 

実際に、この理論は、
ユングの類型論を取り入れているので、
キャラクター分析にも活用できるとのこと。

 

ラボメンのキャラクター分析から、
自分のタイプを理解し、考えた上で、
ロールモデルを選ぶ大切さを学ぶことができました。

 
 
 

続いて、準備スピーチです。

 

今日は、他クラブから、このシュタゲ例会のために、
Eさんがスピーチをしてくれました。

 

今、チャレンジしている現在の状況と、
シュタインズ・ゲートのセリフを重ね合わせて、
大いに語ってくれました。

 

そう!シュタインズ・ゲートには、
人生それぞれのフェーズで響くものが、
たくさんあるんですよね。

 
 
 

例会の最後では、
シュタゲのあの合言葉をみんなで唱えて終わりとなりました。

 

その後の懇親会でも、
シュタゲの話題を各々が熱く語り、非常に盛り上がりました。

 
 

ストテリでは、こうしたテーマ例会を、度々開催しています。

 

「ストーリーテリング」というのは、
まさに新たな“世界線”を作るためのツールなのです。

 

興味のある方は、ぜひいつでもお越しください。

 
 
 

それでは、みなさん、あの合言葉でお別れしましょう。

 

「エル・プサイ・コングルゥ」。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィード

トラックバックURL: http://storytelling-tmc.org/%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0tmc%e7%ac%ac136%e5%9b%9e%e4%be%8b%e4%bc%9a%e5%a0%b1%e5%91%8a/trackback/