2017-07-29 20:16:02
テーマ:例会記録

【特別例会】青森アウティング例会 2017年7月29日(土曜日)

ストーリーテラー あれ伊藤
語り部 あれ伊藤
スピーチアナリーゼ くりあ栗本
トールテールズTT   TTM 日戸

今回で3回目を迎える青森アウティング。
最初は夏祭りの三社大祭を通して土地について学びました。
2回目のアウティングは、縄文遺跡にふれて縄文から受け継がれてきた人の暮らしの智慧に。
そして、今回は人から土地へ。土地から人へと考える旅として、下北半島の旅となりました。

青森アウティングのDAY2は例会日。
例会会場はなんと恐山の宿坊でしたよ。
最初はずーっと硫黄臭さが鼻について、こんな場所に長居なんかできないよーって思ってました。
ところが、恐山の地獄巡りして、温泉に浸かって、南住職の説話を聞きます。
そのあとに、例会開始。
お酒も入っているので、トトロVPEのオープニングトークのあと、1年ぶりに姿を現した珍獣のようなあれ伊藤のへべれけなスピーチがありました。

うーん、どうかなーって思われるかもしれない内容でしたが、ちゃんと、アジェンダを用意したり、バナーを用意したりして例会形式を重んじるのがストテリクラブが上級クラブだなと感じるかもしれません。
また、どこのクラブでもやっていないスピーチクリニックのひとつ、スピーチアナリーゼを行いました。これはスピーチやスピーチのアイディアを披露してそれについて改善していくというものです。
議論が白熱して厳しい意見が連発しましたが、それもこれもスピーチをよりよくしていきたい。よりうまく伝えることができるのか?についてじっくり考えてみたのです。
これは時間がたっぷりあるお泊まり例会などでなければできません。
そのあと、迫真のTTが三本あり、トールテールズの世界へとみんなを誘い込んでいました。

ただたんにアウティングっていうのは遊びにみんなで行くだけじゃないんです。
みんなで美味しいものを食べて、飲んで、騒ぐ。仲間の連帯を強くする。
さらに、アウティングの醍醐味は、稀代のストーリーテラーに出会って学べることです。
DAY1の薬研温泉のカモシカ女将もそのひとり。話し方に説得力が滲みでていて、次の日の予定を変更してみようかなって思わされました。
DAY2の恐山の南住職の説話もまた稀代のストーリーテラーでした。住職は全国を巡って講演しているらしくお戻りに珍しいみたいです。  

前泊組のDAY0からDAY3までの4日間。
旧交をあたため、純粋に食事や観光を楽しみ、仲間とおしゃべりをして笑い合う。
あ、イビキがすさまじくてご迷惑をかけたりもwww
普段、オンライン例会でしかあえないメンバーたちに逢える機会にもなっているストテリのアウティング。是非とも来年の第4回もお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://storytelling-tmc.org/%e3%80%90%e7%89%b9%e5%88%a5%e4%be%8b%e4%bc%9a%e3%80%91%e9%9d%92%e6%a3%ae%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e4%be%8b%e4%bc%9a%e3%81%ae%e5%a0%b1%e5%91%8a/trackback/