2019-04-21 00:20:20
テーマ:例会記録

 

 

 

 

 

 

 

 

秘すれば花、とは

風姿花伝の言葉ですが、

 

この書物、非常に多くの芸事の、

コミュニケーションの秘密を

含んでいるようです。

 

今日の

ワークショップは、

トーマスさんの

「風姿花伝に学ぶ、ストーリーテリング(和)-第2章(破)」。

 

前回の「序破急」も

非常に有用なスピーチ構成ツールでしたが、

今回シェアされたのはデリバリーの極意 。

その名も、「離見の見」。

 

この境地に達するには、

いまこの瞬間を意識すること、

自らの鼓動・高ぶりを感じ、聴衆との

リズムを一致させることが大切なのだといいます。

 

それをどうやって

実際のスピーチに活かせばいいのか??

 

こればっかりは、

まさに、ストテリTMCという場で、

「今」を共有したものにしかわからない。

 

ワンランク上のスピーカーになれる

ワークショップにたったの

数百円で参加できてしまうというのだから、

ゲスト参加しない方が間違ってますね^^

 

ワークショップのほかは、

コンテストスピーチ2本の披露がありました。

 

シャーラさんの”天の川”と

サラさんの勝ち残ってるスピーチです。

 

いずれのスピーカーも、

メリハリのある表現力が光りました。

 

シャーラさんの”天の川”に対するマーティさんの

論評では、天の川と山手線の駅の

リンクが示されるなど、深い洞察がシェアされました。

 

最後は、クリアさんの自由論評で締め。

 

冒頭でシャーラ会長からあった、

微笑み方やポーズまで研究されたイタリア発の

声のセオリー、

それと、

風姿花伝が説く、自分のリズム、

この双方が期せずして

オーバーラップしていたこと

への言及がありました。

ちなみに、今回の例会の裏テーマは、
じゃがりこVSじゃがビーだったとのこと。

クリアさんらしい
エンターテイメントですね^^

 

次回例会は、

5/4(木曜日)19:15〜
論評ワークショップです!!

乞うご期待!



2019-04-07 00:28:33
テーマ:例会記録

3月21日にひらかれた、第131回例会報告はComing soon!! ちょっとまってね!



2019-04-07 00:27:55
テーマ:例会記録

 

 

 

 

 

 

 

3/2(土)に、
第131回例会が開催されました。

通常のクラブで総合司会に相当する、
「本日のストーリーテラー」は、Marty。

「本日のストーリー」では、
最近、非常にハマっている、ある作品について、
熱く熱く語ってくれました。

Martyというニックネームは、
映画『Back to the Future』の主人公が、
由来になっています。

そのぐらい、
「タイムトラベル」作品が大好きなMartyですが、
そのMartyが、
この『Back to the Future』を
超えた作品を見つけたというのです。

それが、
『Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)』
です。

この作品は、
「タイムトラベル」作品の正統な系譜をたどり、
金字塔となる作品とのこと。

実際に、アニメのレビューサイト「あにこれ」にて、
『シュタインズ・ゲート』は、
約12,000件登録されているアニメの中で、
堂々の「1位」だそうです。

「1/12,000」の作品って、確かにすごいですね!

それだけで、見たくなります。

そして、この作品は、
物理学の言葉がたくさん出てきて、
理解できなくても楽しめるが、
理解できた方が、さらに楽しめるとのこと。

何を隠そう、Martyは、
大学で物理学を専攻して卒業しているのです。

その後、この作品のキーとなる用語、
「シュレディンガーの猫」
について、説明がありました。

さらに、作品を見る際の注意点にも言及がありました。

それは、
「見ると決めたら、
腹を括って“10話”までは見ること」
だそうです。

前半は、見続けるのに、
少し忍耐力が必要なのですが、
それは、全て後半の伏線になっているそうです。

その忍耐は、後半の展開で、
必ずや報われるとのこと。

だから、
「見始めてから、あーだーこーだ言うのは、
無粋だ!往生際が悪い!」
と断言していました。(笑)

この『Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)』という作品、
本当にすばらしい作品ですので、
騙されたと思って、
腹を括って“10話”までは見てみてください。

あなたの人生観が変わるかもしれません。

ああ、また熱く語ってしまった…。(笑)

閑話休題…。

その後、シャーラさんとくりあさんの、
朗読ワークショップがありました。

実際に、プロの朗読をスピーカーで再生し、
そこから、プロの技を盗もう!という内容でした。

プロといえども、
テクニック重視だったり、
その人の持ち味を重視しているものだったり、
個性があるのが非常におもしろかったです。

ワークショップ後は、
スピーチコンテストを勝ち進んでいる方たちのスピーチ。

そして、アナリーゼタイムでした。

ストテリでは、
過去に、スピーチの日本チャンピオンを輩出しています。

それは、このアナリーゼタイムがあることも、
確実に、その理由の一つとなっているでしょう。

単にコメントシートを書くだけではなく、
その場で、コンテスタントに、
質問をしたり、コメントを言ったりするのです。

今大会のスピーチコンテストでも、
存分に活躍して欲しいと思います。

例会後、ストテリでは、
この『Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)』が、
クラブ内で一気に広がりました。

そのため、ストーリーテリングTMCでは、
5/16(木)に、
「シュタインズ・ゲート」例会を開催します。

「シュタインズ・ゲート」を見た方も、
見てない方は、ぜひこれから見て、
参加してくださいね。

ぜひ、「シュタゲ」で盛り上がりましょう!