2017-12-03 23:23:01
テーマ:イベント

2017年12月3日、第5回神奈川地区新人戦がおこなわれました。このコンテストは春の国際スピーチコンテストにはまだ出場資格のない新人に大舞台でのスピーチを経験してもらうために始まったもので、神奈川地区では毎年12月には欠かせない一大イベントとなっています。
さてその日本語部門、各クラブから集まったフレッシュな精鋭たち、人生の悩み、子育てや仕事での困難を乗り越えた話、またユーモアたっぷりで会場をわきにわかせた話など14本のレベルの高いスピーチの中で、ストテリTMCメンバーのチップさんが見事準優勝に輝きました。チップさんはその前の秋のほら話ディビジョンコンテストでも堂々の3位と連続してのご入賞です。
えっ、ストテリTMCの活動拠点は東京では?
はい、実はストテリは上級クラブのためほとんどの会員が複数のトーストマスターズクラブに所属しています。チップさんは神奈川地区の名門日本語クラブの神奈川TMCのご所属なのです。
チップさんのスピーチは14本中ただ1つの爆笑恋愛ストーリー、美しい彼女を一途に思う気持ちは見事相手に伝わったのでしょうか?そしてその恋の果てにチップさんがつかんだものは?

*****

コンテスト前日まで、私は苦悩の日々を送っていた。
「私のスピーチの衝撃に聴衆は耐えられるのだろうか・・・中途半端な善意は新たな悲劇を生んでしまうのではないだろうか・・・それならいっそのこと辞退したほうが・・・」
頭をかかえ、途方に暮れる私。

そんな時、ふと上着のポケットの中に手をやると、そこには祖母の形見のペンダントが。
「チップ、男ならいつでも全力投球よ!」
祖母の口癖が頭を過ぎる・・・
そうだ、いったい何を悩んでいるんだ。男ならやるしかないだろ!
覚悟は決まった。

そしてコンテスト当日。
私のスピーチ順は14人中11番。まずは他スピーカーのお手並み拝見。
むっ、なかなかレベルが高いな。新人とはいえ、さすがは各クラブの予選を勝ち抜いてきた猛者どもだ。
焦る私は、シャツの胸ポケットに入れたペンダントを握りしめ、落ち着きを取り戻す。

ついに私の番がきた。
のしかかる重圧、高鳴る胸の鼓動、ほとばしる汗。
全てを振り切り、ボルテージ全開でいざ決戦の舞台へ・・・

そこから先は、おぼろげな記憶しか残っていない。
人は極限状態になると未知なる力を発揮するというが、あの時がまさにそれだったのだろうか。
頭で考えるより先に、数々の言葉が口を出る。言葉には魂が宿り、鬼のような迫力で聴衆を虜にする。

気づいた時には、私は表彰台の上に立っていた。徐々に聞こえてくる歓声。
意識が朦朧としたまま表彰台を降りる私の手には、表彰状と・・・あのペンダントが握りしめられていた。
心なしか、ペンダントに描かれた鳥たちも微笑んでいるようだ。

私のスピーチ人生、まだまだ1回の表。今後どんな強打者が現れるのだろうか。
それでも私は逃げずに立ち向かうであろう。全力投球でね。



2017-12-02 21:13:47
テーマ:例会記録

2017年12月2日、A子はJR神田駅に降り立った。「もうすっかり冬ね」
北口から斜めに伸びる雑多な店が並ぶ道を進むと、そこには高遠という名の昭和の香りをまとったビル。薄汚れた階段をヒールの音を響かせながら登りドアを開ける。
「ようこそ記念例会にお越しくださいました」
受付の青年がゲスト名簿から顔をあげてA子へと視線を移す。
「あっ、あなたは夏子さん、、、じゃなかった、、。」

皆さんこんにちは。ストーリーテリングTMC第100回(ちょっと過ぎたけど)例会へようこそおいでくださいました。この記念例会のテーマは「ストーリーの玉手箱」。ドアを開けた瞬間からあなたを魅惑のストーリーの世界にお連れいたします。

ストーリーのつまった古いこげ茶色の玉手箱を開けると、、、

そこにはストーリーテリングTMCの時空を遡るデロリアンならぬ動画(マーティさん渾身の作)が。

ガジさんに導かれてストーリーの中に潜むメンターのパワーを体験するワークショップの旅が。

そして様々な物語に登場する料理を味わった後には、ストーリーの申し子たちが紡ぐ言の葉を堪能するスピーチコンテストが。

たっぷり3時間超のストーリーの世界の旅に参加者の皆さんから「楽しくてあっという間でした」とのお声が。ストテリメンバーにとってもいつまでも心に残る記念例会となりました。

ストーリーを愛するすべての人と共にストーリーの力を信じ、また気持ちも新たに次の200回を目指してストーリーテリングTMCは歩んでまいります。

またいつの日かあの駅に降りて、そしてあのドアを開けてみてください。そこにはきっとあのこげ茶色の玉手箱があなたを待っています。